50万以上のお金を借りたい人向けの比較ランキング

消費者金融でも大口借入はできます

消費者金融には総量規制といわれる融資制限があります。年収の3分の1以上の貸付ができないという規制です。
そのため、大口の借り入れは消費者金融ではできないと思われがちですが、年収300万の人であれば最大100万円までの借入が可能なのです。
そのため、50万円以上の大口借入がしたい場合でも消費者金融を利用することは十分可能です。

プロミス

大手消費者金融では一番サービスが充実しているといわれるプロミスですが、融資限度額は最高500万円です。金利が高いので、年収が高くてもカードローンを多額に利用する人は多くはないと思われますが、その気になれば50万円以上の借入ができます。
カードローンの利点は繰上返済が自由自在にできる点にあります。一時的に多額の借入をして、返済できるタイミングで一気に返済すれば利息の金額自体さほど高くなりません。

アコム

アコムもプロミス同様に融資限度額は最大500万円です。
アコムは、ACマスターカードと言われる海外旅行時に人気のクレジットカードを発行しています。このカードを使えば海外ATMでキャッシングが可能です。クレジットカードが使える旅行先ばかりではありませんし、観光客が多い国であってもすべての店舗がクレジットカードの利用ができるとは限りません。
案外お金を使う海外旅行で、50万円以上の借入が可能なアコムは有利です。

ライフティ

中小消費者金融であるライフティも大手同様に融資限度額は500万円です。セブン銀行で使えるローンカードもありますから、使い勝手は大手と十分勝負できます。
とはいえ、知名度の低さがあるため審査は緩くなりがちです。カードローンの金利は融資限度額で決まります。大手では総量規制の限度いっぱいまで限度額を設定してくれなくても、ライフティなら望みがあります。
大手より高い融資限度額と低金利を狙うならライフティは狙い目かもしれません。

フクホー

ブラックの人にも融資をするといわれるフクホーですが、実は融資限度額は最大200万円です。老舗のフクホーもブラックリストの人ばかりに貸付をしているわけではありません。
総量規制の枠はありますが、信用力がある人に対しては、しっかりと貸付をしてくれるのです。
ローンカードを発行しない形態の貸付なので、他の消費者金融に比べれば不利かもしれませんが、一時的な借入であればあえてカードローンの必要はないはずです。

大口なら銀行系の方が有利

消費者金融でも融資限度額が高いケースはありますが、総量規制による上限を超える貸付はできません。しかし、銀行法に基づいて融資をする銀行系カードローンには規制はありません。
一般的に年収の5割までは融資限度額を設定してくれるといわれる銀行系カードローンなので、うまくいけば消費者金融より有利なキャッシングが可能です。

バンクイック

銀行系カ―ドローンで一番商品内容が優れているといわれる三菱東京UFJ銀行のバンクイックですが、最高500万円までの融資をしてくれる点は消費者金融と同じです。
金利が低めだと言え、最低でも年利4.6%なので決して低くない金利です。限度額が高ければ、使い勝手がいいことは間違いないでしょうが、500万程度の限度額が一番バランスがいい限度額です。
コンビニATMの利用でも手数料不要なので、ちょっとでも元本を減らして利息を少なくしたいものです。

三井住友銀行

三井住友銀行のカードローンは限度額が最高800万円です。最低金利もバンクイックより0.6%低い4%ですが、限度額が高いための金利差だと思われます。
最高金利は14.5%であり、限度額が100万円を超えるたびに次第に金利が下がります。ちなみにバンクイックの上限である500万円の場合の金利は6%から7%なので、バンクイックより高金利だということになります。
いずれにせよ、信用力があればドンドン融資限度額は上がりますから、自分の信用に自信があればトライしてみるといいでしょう。

楽天銀行

楽天銀行の融資限度額は最高500万で最低金利は4.9%です。ちなみに最高金利は14.5%と三井住友銀行並みです。
ちなみに300万円までの融資限度額であれば、源泉徴収票などの収入証明書は必要ありません。

住信SBI銀行

住信SBI銀行のカードローンは、2つのコースがあります。一つは最高金利14.79%、最高でも300万円までの融資限度額という「平均的」なカードローンです。
しかし、信用力がある人向けの「プレミアムコース」は、最高でも年利7.99%です。融資限度額は最高1,000万で、この際の金利は2.49%です。住信SBI銀行との取引がある程度あれば1.99%です。
信用力に自信がある人に一番お勧めできるのは、住信SBI銀行のプレミアムコースです。

レイク

この名前を見て銀行系カードローンだと気が付かない人も多いでしょう。
新生銀行がレイクを傘下に収め、システムをそのまま自行に組み込んで銀行系カードローンとして再出発したのです。
融資限度額は最高500万円と他の銀行系カードローンと同じです。コンビニATM利用手数料が無料である点は、消費者金融より有利です。最高金利は大手消費者金融並みの年利18%ですが、繰上返済をすることで実質金利を下げることは可能です。
契約日から30日間は利息がゼロである点も実質金利を下げる一つの手段です。

カードローンの金利はコースごとに、ご利用限度額に応じて、下表のとおり決定されます。
適用金利は限度額に応じて決定され、限度額が大きくなればなるどほど適用金利は下がります。
※審査の結果によってはご希望に添えない場合があります。
【プレミアムコース】
ご利用限度額 基準金利 所定の条件を満たす
お客さまの適用金利(※)
10万円以上~100万円以下 年7.99% 年7.49%
100万円超~200万円以下 年6.39%~6.99% 年5.89%~6.49%
200万円超~300万円以下 年5.29%~5.99% 年4.79%~5.49%
300万円超~500万円以下 年 4.99 % 年 4.49 %
500万円超~700万円以下 年 3.99 % 年 3.49 %
700万円超~900万円以下 年 2.99 % 年 2.49 %
900万円超~1,000万円以下 年 2.49 % 年 1.99 %
(2015年11月1日現在の適用金利)
【スタンダードコース】
ご利用限度額 基準金利 所定の条件を満たす
お客さまの適用金利(※)
10万円以上~100万円以下 年14.79% 年14.29%
100万円超~200万円以下 年11.99% 年11.49%
200万円超~300万円以下 年8.99% 年8.49%
(2015年11月1日現在の適用金利)

引用:https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/cl_kinri

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です