無利息でキャッシングできる会社ランキング

大手消費者金融は無利息が多い

大手消費者金融では、30日間の無利息キャンペーンを実施していることがあります。
起算日によって使い勝手などに差が出ますが、とかく利率が高いといわれる消費者金融の利息が一時期であっても無料になるのはありがたいです。
大手消費者金融は即日振込融資を実施していることが多いため、クレジットカードの決済日と合わせることで無利息による支払日の延長を図ることができます。うまくやればボーナス払いの取り扱いがない店舗で、ボーナス払いのように買い物をすることが可能になります。
利息免除は消費者金融の経営に負担がかかるので、経営状態や財務内容が悪い消費者金融などは、無利息キャンペーンを実施することはできません。キャンペーンをしているということだけで「優良消費者金融」ということができます。

プロミス

プロミスは無利息期間を設けている消費者金融の中で、一番良心的ではないかと思われます。なぜなら、契約日から30日というカウントをせずに最初の利用日から30日というカウントをしているためです。
一見どうでもいいような違いですが、契約後すぐに利用する人ばかりではありません。何かあった時のために「お守り代わり」にカードローンの契約をしている人もいるのです。
そのような人であってもプロミスは、きちんと30日間の無利息期間を無駄なく利用できるようにしているのはありがたいです。

アコム

プロミスと違い、アコムの無利息期間のスタートは契約日の翌日です。
しかし、即日融資をする人であれば、プロミスとの差はありません。多くの人はお金が足らなくなってあわてて消費者金融に申込をしているのです。それであれば、契約日翌日から無利息期間がスタートしても別に問題はありません。
アコムは、無利息期間設定への参入が比較的遅かったです。クレジットカードをコンビとしたACマスターカードがあったため、あえて無利息期間の設定をする必要はないと考えたのかもしれません。

ノーローン

ちょっと変わった無利息期間を設定しているのが中堅消費者金融のノーローンです。
完済後の新規借り入れであれば最初の1週間は無利息です。回数は1カ月に一度という制限があるだけで、後は無制限です。つまり、借りた資金を完済すれば何度でも1週間の無利息期間を受けることができます。
単純に考えると、4回程度使えば大手よりお得なように見えますが、完済する必要があるため多額の借り入れには向きません。給料日前にちょっとお金が足りないようなときに威力を発揮します。
キャッシングはコンビニATMで可能ですが、返済はレイクのATMでしかできません。ちょっと不便な点があるため利用の際は要注意です。

銀行の無利息キャッシング

無利息期間は消費者金融だけがやっていると思われがちですが、実は銀行でも大手との対抗上やっています。ネット銀行ばかりだと思われがちですが、地銀でも意欲的な銀行であれば設定しています。
銀行系カードローンは、銀行ごとに差が激しくて、銀行によっては大手消費者金融の方が優れている場合が少なくありません。しかし、メガバンクだけではなく地銀の中には消費者金融顔負けのサービスを提供していることがよくあります。

ジャパンネット銀行

ネット銀行として知らない人はいないこの銀行では、カードローンに消費者金融同様の30日間の無利息期間を設定しています。契約日から30日なので即日融資を受けないと権利放棄の可能性もあります。
しかし、銀行系カードローンのため手続は簡単です。新しくローンカードを発行することもないため、家族などに内緒にしたい人には最適です。ネット銀行のため手数料なども安いこともありがたいです。

レイク

レイクがどうして銀行なんだと言われそうですが、新生銀行のカードローンです。旧社名をそのままカードローンブランドにした新生銀行はさすがです。
もともと30日間の無利息キャンペーンを実施していたのですが、無利息のタイプを金額無制限で30日間と5万円までの180日間と2つのタイプを選択することができます。選択制の無利息期間は珍しいのですが、ちょっとだけ借りたいという人にとっては便利なサービスではないでしょうか。

静岡銀行

読んで字のごとく静岡県を代表する有名地銀です。
昔は「シブギン」と呼ばれていた保守的な銀行でしたが、カードローンを始めるようになり、消費者金融との対抗のために最高45日間の無利息期間を設定するようになりました。実際には後日利息相当額をキャッシュバックしてくれますが、実質的には変わりありません。
ルールがちょっと変わっていて、返済日である毎月10日の14日前に契約ができると45日間のキャッシュバック期間になります。これに対し、15日前だと15日間のキャッシュバック期間という妙なルールです。ルールがわかっていれば、最大限のキャッシュバック期間をゲットできます。
静岡銀行のカードローンは、銀行系カードローンにしては珍しく即日融資を振り込む際に、最初だけは振込先銀行を指定しません。他の銀行は自行口座への振り込みしか対応してくれないのですが、画期的なサービスです。銀行系カードローンもメガバンクだけではなく、地銀も侮れません。

キャッシュバックの仕組み
ご契約日から起算して、翌月または翌々月の約定返済日(毎月10日。同日が銀行休業日の場合は翌営業日)の前日までの期間(最大45日間)のお借入利息をキャッシュバックします。

利息キャッシュバックは、平成28年3月31日申込受付分までとなります。
ご契約日は当行からご契約手続き完了の電子メールを配信した日となります。
初めてご契約いただいた方のみが対象となります。
キャッシュバック対象の利息は、当該利息期間の翌月の約定返済日にインターネット支店普通預金口座に入金します。
郵送申込みの場合、利息キャッシュバックが受けられない可能性があります。
キャッシュバック対象期間中にご返済が滞った場合、利息のキャッシュバックはおこないません。

引用:http://shizugin.net/service/seleca/index.html#sec04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です