キャッシングの審査が甘い会社の比較ランキング

甘い審査には訳がある

審査が甘いキャッシングを探すと必ず闇金が入ってきます。しかし、闇金は見た目こそ何も審査をしていないようでも、実は「取り立ての可否」を審査しています。彼らも慈善事業ではありませんので厳格な審査をしているのです。いったん捕えた獲物は骨の髄までしゃぶりつくします。間違っても闇金からは借りてはいけません。
また、中小は審査が甘く、大手や銀行は厳しいといわれますが、実はそうとは限りません。中小の消費者金融は、大手のようなコンピューター審査をしていないため、担当者によってばらつきがあります。審査が意外に厳しいという場合がありえるのです。

ライフティー

もともと貸金業を営んでおり、歴史のある金融業者ですが、最近個人向けのキャッシング業務を開始しています。そのため、新規顧客の受け入れが至上命題となっています。つまり、審査が甘めになりやすい条件があるわけです。
他の消費者金融で審査を落とされたような「危なめな方」であっても審査に通ってしまうことが多く、ネットの書き込み記事でも「人気」が高いようです。
類似した名前の闇金業者があったことから近寄りがたい雰囲気があるようですが、東京都知事の認可を受けた正規の消費者金融です。
実は親会社が東証上場の光通信で、信用力は高いです。新規顧客がある程度集まれば審査方針が変わる可能性がありますが、当面は審査が甘めに推移するでしょう。

プロミス

プロミスのような大手消費者金融の審査が甘いとは信じられないかもしれませんが、実際に申し込みをしてみると信じられないほどスンナリと審査が通ります。
もちろん信用情報機関のデータにブラックリストに該当する情報などが登録されていれば別です。しかし、そうでなければ多少の支払遅延があっても審査は通ります。
これは、審査である程度譲歩しないと、商品性に勝る銀行系カードローンに対抗できないことが挙げられます。もちろんライフティーのような新興中小消費者金融との競争にも負けていられないのです。

バンクイック

ご存じ三菱東京UFJ銀行のカードローンです。
どうしてバンクイックの審査が甘いのかと言われるかもしれませんが、審査をしているのはアコムなのです。
大手消費者金融の審査が甘めに推移していることはプロミスと同様で、アコムも同様です。そのアコムが審査を通して保証を引き受ければバンクイックの審査も自動的に通ります。
結果として、大手消費者金融並みの審査の通りやすさになっているのです。

申込条件
年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人のお客さま。
原則安定した収入があるお客さま。
保証会社(アコム(株))の保証を受けられるお客さま。
※学生の方、ご本人に収入がなく配偶者に収入のある方もお申し込みいただけます。
※外国人のお客さまは永住許可を受けている方が対象となります。

引用:http://www.bk.mufg.jp/kariru/card/banquic/moushikomi.html

セブン銀行

銀行系カードローンの審査が厳しいという「神話」を打ちこわした一つの要因がセブン銀行です。
限度額が最高でも50万円と低く、消費者金融のような融資制限もありませんから、専業主婦をターゲットにした融資をしています。普通預金口座に追加するサービスなのでローンカードの発行もありません。審査が通ればすぐに利用が可能です。
肝心な審査はわずか10分です。融資限度額が低いので審査を厳格にする必要はなく、甘めの審査となるわけです。

人により甘さは違う

キャッシング審査では人によって甘さが違います。
大手企業の正社員であれば信用力は最高ですから、審査は大甘だと考えられるでしょう。しかし、誰しも大手企業の正社員になれるわけではありません。
しかし、別の観点で金融機関側に自分の審査を「甘くさせる」ことは可能です。

楽天銀行カードローン

流通系企業の設立した銀行は、昔ながらの銀行とは経営方針が違います。本丸である販売業のサポートとして銀行業を意識しているのです。
楽天銀行カードローンは、どこのWEBを見ても審査が甘いといわれています。その甘さを一層引き立たせるのは「楽天グループの利用状況」です。楽天カードを利用していたり、楽天証券を利用していれば「お得意様」になります。このようなグループにとってのお得意様に対する審査は甘めになる傾向があります。

三井住友銀行カードローン

銀行は取引の長い顧客を大切にする傾向があります。
審査を傘下の消費者金融に丸投げしているのはバンクイックだけではなく、三井住友銀行カードローンも同じです。そして、長年の付き合いがある顧客であれば審査はさらに甘めになるのが銀行系カードローンの特徴です。
三井住友銀行を長年利用している人が三井住友銀行カードローンを申し込むと審査は確実に甘めになります。消費者金融のような総量規制はありませんから、申込者の信用度もありますが、年収の3分の1を超えたレベルまでの融資限度額を設定することが可能です。

面倒な手続きのない甘さ

お金を借りる以上審査があることはやむをえません。しかし、提出書類が多いのは煩わしいです。
金融機関によっては提出書類がかなり省略されていますから、手軽にキャッシングの申し込みが可能です。

じぶん銀行カードローン

じぶん銀行のカードローンは、基本的に口座保有者を対象にしています。そのため、カードローンでキャッシングを申し込む際にも改めて本人確認書類の提出はいりません。さらに驚くべきことに、限度額300万円までなら収入証明書もいりません。
じぶん銀行はネット銀行なので店舗がなく、手続は全てネットです。もともと携帯キャリアのauが母体なのでスマホでの申込が基本になっています。スマホからの申込だけで高額限度額のカードローン申し込みができるのですから、大甘審査だといえるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です