消費者系キャッシングの比較ランキング

気になるサービスは?

消費者金融系のキャッシングを選ぶ際、提供しているサービスが気になります。
主なものとして、無利息期間や即日融資の有無が挙げられます。最近では審査で嫌われる、職場への在籍確認の電話を省略してくれる消費者金融も人気があります。
どこの消費者金融にするかを選ぶ際には、自分が必要としているサービスがあるかを確認することが重要です。ただし、即日融資のようにどこの消費者金融でも提供しているサービスは気にする必要はありません。
また、案外見落とされがちなのが店舗ATMの数です。コンビニATMは便利ですが、手数料が必要です。店舗ATMであれば手数料はいりませんし、利用の都度自宅への郵送物もなくなります。自宅や通勤経路などに店舗ATMがあるかどうかも選択の際に重要です。

モビットのWEB完結申込

モビットにはWEB完結申込という申込方法があります。三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に口座があり、健康保険証の提示があれば、ネット上で申込がすべて完結するという申込方法です。当然在籍確認の電話は省略されます。

アイフルやプロミスも可能

表だって在籍確認の電話を省略すると明示していませんが、大手ではアイフルやプロミスも申込確認の電話があった際に在籍確認の省略を頼めば応じてくれることがあります。

アコムはちょっと厳しいか?

アコムも同様に省略してくれることがありますが、最近までWEB上で在籍確認の電話は省略できないと表示していました。そのため断られる可能性が高いと言えそうです。
いずれの場合も、モビットのWEB完結申込同様に健康保険証の提示を求められることが多いです。

無利息期間

契約後30日間は利息を免除してくれる無利息期間の設定は、消費者金融選びの大きな要因となっています。しかし、アコムは契約日の翌日から30日間となっているため、即日融資を受けない限り権利放棄になってしまうことがあります。
とはいえ、無利息期間の設定は消費者金融にとっては負担になります。大手でもモビットやアイフルは無利息期間の設定がありません。

プロミスは良心的でお勧め

プロミスは、アコム同様に30日間は利息を免除してくれる無利息期間の設定があります。最初の借入日の翌日から30日間となっているため、権利放棄になることが少ないです。お守り代わりにカードローンを契約する人に最適です。

ちょっと変わったノーローンもお勧め

大手ではありませんが、ノーローンは新規借入の際、最初の1週間は無利息としています。給料日前にちょっと足りないからキャッシングしようとする際には非常に心強い消費者金融です。1か月に1度という制限はあるものの、利用回数に制限はありません。

店舗ATMの数

大手消費者金融の強みは、コンビニATMの利用ができる点です。
しかし、その反面108円の手数料が必要です。また、コンビニATMを利用すると、そのたびに自宅に郵送物が届く場合があります。
店舗に設置してあるATMを利用すれば手数料はいりませんし、郵送物もありません。店舗ATMが多い消費者金融は使い勝手がいいのです。

プロミスやアコムは店舗が多い

つまり、店舗の多い大手が有利です。特に、プロミスやアコムは店舗が多いです。また、三井住友銀行系のモビットも三井住友銀行のATM手数料が無料という点で同様に有利です。

アイフルは店舗が少なくて不利

これに対し、経営体力が劣るアイフルは店舗自体が少なく、店舗によってはATMの設置がないケースもあります。同様に中小消費者金融は絶対的な店舗数が少ないため不利です。

審査は厳しいのか?

消費者金融利用者にとって審査の厳しさは非常に気になるところです。
特に信用情報機関にブラックリストの登録がされていると、どこか貸してくれる消費者金融はないものかとネットで検索することもあるでしょう。ブラックリストとして登録されていなくても、延滞履歴が残っていると、審査では不利になります。
また、このような問題点がなくても必要以上に審査の厳しさを気にする人も存在します。しかし、基本的に審査の甘い消費者金融は存在しないと考えていただいた方がいいでしょう。甘い審査は一時的に顧客を増やしても、最終的には貸倒の増加により事業継続ができなくなるのです。
しかし、現実には消費者金融間の競合により審査を若干なりとも甘くしなければいけない消費者金融も存在します。実はブラックリストの人に対しても融資をする消費者金融があるのです。

フクホーもセントラルは厳しめか?

実はブラックリストの人に対しても融資をする消費者金融の老舗として大阪のフクホー、愛媛のセントラルがあります。
ただし、これらの消費者金融はコンピューター審査ではなく、担当者による審査をしていることが多いです。リスクが高いので、一律の審査基準を適用することはできないのです。そのため、審査そのものは案外厳しく、融資してもらえないということも少なくありません。

アローやスカイオフィスは甘めか?

ブラックリストの人に対しても融資をする消費者金融として、最近は名古屋のアローや福岡のスカイオフィスも人気があります。
アローは貸金業登録も新しく、老舗より営業上不利です。必然的に他の消費者金融より甘めの審査をしないと新規顧客を獲得することができません。同様のことがスカイオフィスにも言えます。

一般に言われる、ブラックの方でも審査をしてくれる正規消費者金融は存在します。

こうした正規の消費者金融は、表立って「ブラックOK」などと宣伝はしていません。
しかし、いわゆるブラックの人でも審査の上、貸付をしてくれる金融業者は確かに有ります。

ブラックとは、過去に自己破産や債務整理等の金融事故を経験した事のある方の事です。
実際にブラックリストという物が存在する訳ではありません。

金融事故の記録は、情報機関に一定期間保存され、加盟各社が審査時に確認します。
多くの消費者金融では、この信用情報に事故が記録されていると審査に通りません。

ですが、一部の消費者金融では、過去の金融事故を承知した上で貸付を行っています。
その様な消費者金融は、中小の金融業者ばかりで、悪質な金融業者との見分けも難しい場合が多々あります。

引用:http://www.karitai-blacktaiou-cashing.com/

大手は案外審査が甘い

大手消費者金融の審査は大抵コンピューター審査です。そのため審査スピードが速いのです。
大手の審査は厳しいと言われていますが、実際にはブラックリストや延滞履歴がない優良顧客は審査で落とされることはほとんどありません。優良顧客としての条件を満たせば審査は甘いと言えます。

アイフルは大手の割に甘い

特に経営悪化により銀行から債務カットを受けたことがあるアイフルは、顧客獲得に意欲的です。優良顧客であれば一番有利な条件でキャッシングができるでしょう。

アコムも甘めか?

大手の中で個性が乏しく埋没しがちなアコムも、比較的審査は甘めになります。アイフルの次に甘めだと言えるでしょう。

モビットもプロミスは厳しめか?

モビットもプロミスも大手の中ではサービスを充実させています。特に甘い審査をしなくても人気があるためアイフルやアコムより審査は厳しめになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です