みずほ銀行カードローンの金利、返済期間、融資までのスピードとは?

みずほ銀行カードローンは3大メガバンクみずほ銀行のカードローンです。
3大メガバンクのカードローンというとどこも同じような商品性に感じますが、しっかりと違いがあります。
今回は他のメガバンクのカードローンと比較しながら、商品性の詳細な説明を行っていきたいと思います。

みずほ銀行と他のメガバンクカードローンの比較

みずほ銀行カードローンの特徴について、他のメガバンクのカードローンと比較して説明を行っていきたいと思います。

限度額

みずほ銀行カードローンの借入限度額は1,000万円です。
三井住友銀行カードローンが800万円
三菱東京UFJ銀行カードローンが500万円
の限度額であることに比較すると最高金額です。
また、他のネット系の銀行と比較して筆者の知る限りは最高金額です。

金利

金利は4.0%~14.0%の金利となっています。
最高金利が14%というのはメガバンクの中で最低金利であり、ネット銀行と比べてもかなり低い水準にあります。
三井住友銀行カードローン4.0%~14.5%
三菱東京UFJ銀行カードローン4.6%~14.6%
であり金額によって金利は異なるため一概には言えませんが、数字の上ではメガバンク中、最低金利です。

収入証明提出金額

みずほ銀行カードローンは収入証明の提出は200万円超も申込から必要になります。
三菱東京UFJ銀行カードローンが100万円超から提出
三井住友銀行カードローンが300万円超から提出
が必要であることから、真ん中ということになります。
ちなみにネット銀行の多くは300万円超の申込で収入確認資料の提出が必要になります。

専業主婦の申込

みずほ銀行カードローンは収入のない専業主婦(主夫)でも配偶者の収入があれば30万円を上限として申込が可能です。
三菱東京UFJ銀行カードローンも上限30万円で専業主婦(主夫)でも申込ことができます。また三菱東京UFJ銀行の場合、学生もアルバイト等で収入があれば10万円を上限として借入が可能です。

三井住友銀行は原則所得にない人は申込不可です。

自動契約機でのカード受取

三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行がそれぞれ、テレビ窓口、ローン契約機という自動でカードローンの契約を行うことができカードの受取ができる機械を店頭等に設置していることに比べて、みずほ銀行はローン契約機はありません。
もともとみずほ銀行の口座を保有している人は、200万円以下の申込金額の場合は審査通過後、すでに保有しているキャッシュカードにローン機能が付与され、即日キャッシングが可能になりますが、口座を保有していない場合はカードの受取は郵送に限られます。

みずほ銀行カードローンの金利について

上述したようにみずほ銀行カードローンの金利は4.0%~14.0%とメガバンク最低水準、ネット銀行と比較しても遜色ありません。
また、消費者金融の最高金利が18%代であることに比べるとかなりの低金利であると言えるでしょう。
以下、極度別の金利です。

  • 10万円以上100万円未満…14.0%
  • 100万円以上200万円未満…12.0%
  • 200万円以上300万円未満…9.0%
  • 300万円以上400万円未満…7.0%
  • 400万円以上500万円未満…6.0%
  • 500万円以上600万円未満…5.0%
  • 600万円以上800万円未満…4.5%
  • 800万円以上1,000万円以下…4.0%

借入金額にもよりますが、カードローンのような商品ではかなりの低金利であると言えます。

返済期間

返済期間は毎月10日にみずほ銀行普通預金口座からの自動引き落としとなります。
みずほ銀行カードローンはみずほ銀行の口座からしか返済ができません。
返済金額は前月10日のカードローンの残高に応じた残高スライド方式になります。

  • 1万円未満…残高全部
  • 1万円以上100万円以下…1万円
  • 100万円超200万円以下…2万円
  • 以降、100万円を増額した幅ごと…2万円に1万円ずつ加算

みずほ銀行カードローンの融資までのスピード

みずほ銀行のカードローンはみずほ銀行の普通預金口座を持っているかどうかで融資までのスピードが大きく変化します。
みずほ銀行カードローンはみずほ銀行の口座保有が必須です。前述しましたが、普通預金をすでに保有している場合は、手持ちのカードにローン機能が付与されます。
審査は原則即日回答であるため、口座保有者やインターネットバンキング契約者は手持ちのカードでATMからキャッシングすることも、インターネットバンキングで普通預金に振り替えたり、ローン口座から支払いをすることも可能です。
みずほ銀行カードローンは他行のような自動契約機がないため、カードの受取方法は郵送しかありません。
そのため、口座も保有していない人や、ローン専用カードを選択した人はカード到着まで、借入を行うことはできません。
みずほ銀行カードローンは審査は原則即日回答ですが、借入までのスピードは口座を保有していれば最短即日、口座を保有していなければ1週間程度かかってしまいます。
なお、以前は、本人確認書類を郵送でやりとりしていましたが、今はWEBでの提出が可能になり、これでも早くなったようです。

みずほ銀行は24日、「みずほ銀行カードローン」のインターネット申し込みにおける顧客の利便性向上を図るため、同行に普通預金を持っている顧客向けに、「WEB完結申込」を開始した。
これにより、インターネット上で申し込みから契約までが完結し、最短でカードローンの即日利用が可能となるという。申込フローは以下のとおり。

顧客は、契約に必要な本人確認書類や収入証明書等を、パソコン・スマートフォンのカメラ機能により、指定するURLに登録(アップロード)することで、すでに持っているキャッシュカードにカードローン機能を加えることができるようになり、郵送・来店が不要となるメガバンク初の取り組みになるという。ただし、審査の結果によっては、「みずほ銀行カードローン」利用の希望にそいかねる場合があるという。
同サービスを通じて、「サービス提供力の向上によるお客さまに選ばれ続ける金融グループ」の実現に向けて取り組むとともに、引き続き顧客の多様なニーズに応えるための魅力のある商品・サービスの提供に努めていくとしている。

引用:http://news.mynavi.jp/news/2014/02/25/209/

まとめ

みずほ銀行カードローンは借入限度額1,000万円、金利4.0%~14.0%と高額低金利の商品です。
また、専業主婦でも少額であれば申込可能であり、高所得者層にも低所得者層にも対応した商品と言えます。
他メガバンクのようにローン契約機がなく、みずほ銀行の口座保有が必須であるため、融資までのスピードは口座を持っていない人には遅いです。
大きな金額が必要で、あまり急ぎでない人、みずほ銀行のキャッシュカードを保有している人にはとてもオススメな商品です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です